プラスアルファの魔法というのをご存知でしょうか?

 

この意味をしっかり身につけると成功に近づくでしょう。

 

それほど大事な成功のコツと言えますので、ぜひ心に刻んでみてはいかがでしょうか。

思考は現実化する

成功哲学本の中でも有名な一冊、【思考は現実化する】(Think and Grow Rich Napoleon Hill)。

 

ナポレオン・ヒル博士の大作です。

 

あなたも読んだことがあるかもしれませんね。

 

この本には本当に重要なことがいくつも書いています。

 

今回はその中の1つ「プラスアルファの魔法」について。

プラスアルファの魔法の意味

これは、報酬以上の仕事をせよ、というものです。

 

何事も求められたもの以上の結果を出す。

 

求められたものにプラスアルファをつけるということですね。

 

そうすることで、報われる度合いがグンと上がる。

 

著者のナポレオン・ヒル氏は、実際に成功者を研究しただけでなく、その成功する方法を自分のものにして自分も富を得ました。

 

その経験則を含めて「プラスアルファの魔法」は大事だと確信しているのですから、信憑性があると思いませんか?

成功を引き寄せる真理

少し、いやらしい考え方に感じられる部分があるかもしれません。

 

ですが、真理をついたものです。

 

奉仕をしてその報酬を得ないということはない。

 

それは、仕事をしなければ報酬を得られないのと同じぐらい確かなこと。

 

ちょっと言葉遊びのようにも見えますが、シンプルな真理です。

成功を引き寄せるために何をするのか

収入を増やしたければ、増やしたいと思うだけではいけません。

 

まずは、行動すること。

 

次に何をすればいいのか?

 

その答えは「プラスアルファの魔法」を使うことです。

プラスアルファの魔法の例

色々なケースがあるでしょう。

 

例えば、あなたがビジネスマンとして忙しくしているとします。

 

たまたま今日やるべき仕事がある程度完了までスケジューリングが見えたとします。

 

その時、あなたならどうでしょう?

 

ちょっと手を抜いても完了してしまうと分かったら、どうするでしょうか?

 

手を抜いて完了して終わりますか?

 

それとも、全力で完了させて次のことに進みますか?

 

この選択も、プラスアルファの魔法に関わるものです。

いざという時はいつか?

「いざとなったら本気を出す」という人がいます。

 

「今の仕事は元々やりたい仕事じゃないから、やりたい仕事についたら本気を出してやりますよ」と。

 

実はそういう人に、「いざという時」はなかなか訪れません。

 

つまり、いつまでたっても本気を出さないで終わるということです。

 

どんな仕事であれ、いつも本気でやる。

 

全力でやることが大事です。

 

その結果、本来やりたい仕事にステップアップ出来ることもあるでしょう。

 

そうでなければ、なかなか「いざという時」は来てくれません。

 

仮に訪れたとしても、普段から本気を出していない人は実はいざという時も本気を出せないものです。

 

【本気でやる】というのがどういうものなのか、普段から体験していないから分からないのです。

 

常に本気でやる。

 

常にプラスアルファ頑張る。

 

その頑張る姿を見ている人が本当にいるものです。

最後に引き寄せの法則の核心について

jinsei-hikiyose-siawase3

 

引き寄せの法則の核心について分かりやすく解説しましたので、引き寄せが半信半疑の場合はぜひ読んでみてください。

 

>>引き寄せの法則とは何か?

引き寄せの法則の手順書を出版

さらに、引き寄せの法則を深く理解した上で、その手順書を詳しくまとめて本を出版しました。

 

 

私の体験と11年の研究で完成した「禁断の成功法則」です。

 

アマゾンで絶賛発売中(1,000円)ですが、キャンペーンにて今だけ無料プレゼントを実施中です。

 

>>無料で受け取るにはこちらより