Tama66 / Pixabay

成功のための知識として今回は鏡の法則について解説します。

 

成功するための気持ちの面でとても参考になる内容ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

成功のための知識・鏡の法則とは?

「法則」というと、あやしい感じになるかもしれませんが(笑)

 

「法則」という言い方は重要ではありません。

 

これは、

今ある自分の状況は、自分の心を映し出したものだと言う考えです。

その状況は自分を映し出した鏡。

 

例えば、いま何か問題が起きているとしたら、それは自分に原因があって起きているということです。

 

ちょっと曖昧で分かりにくいかもしれませんね。

 

伝わりやすいよう、小さな例を書きます。

鏡の法則の事例

例えば、どうしても苦手な人がいるとします。

 

その場合、その人の言い方や態度が目につくかもしれません。

 

その人の言い方や態度が、敵対的でトゲトゲしい。

 

そうなると話すのも嫌で、話すと気分が悪くなるかもしれません。

 

もし、そういう相手がいるとしたら。

 

それは、実は自分に問題があるということです。

 

受け入れられない話かもしれませんが、自分に問題があると気づくべきなのです。

 

そもそも自分が、その人に対して敵対的な態度を取っていないか?客観的に見つめ直したほうが良いのです。

 

どちらが先にそうなったかは、重要ではありません。

 

いま現在、あなたがどのような態度を取っているか、です。

鏡の法則の分かりやすい例

例えば別の例で考えてみましょうか。

 

あいさつを例にしてみましょう。

 

誰かが、ニコニコしながら穏やかに「こんにちは」と言ってきたら、あなたはどうするでしょう?

 

同じようにニコニコしながら、あいさつしませんか?

 

そうではなくて、「ふん、何それ」となりますか?(笑)

 

なりませんね、普通は。

 

一方、誰かがいきなり厳しい口調で「ちょっと!あいさつしないさいよ!!」と言ってきたら、あなたはどうするでしょう?

 

ニコニコしながら、穏やかにあいさつしますか?

 

「いきなり何だよ!」と反発心が出るかもしれません。

 

防衛する気持ちが瞬間的に出るものです。

 

仮に反発しないまでも、穏やかな気持ちにはなれないでしょう。

 

鏡というのはそういう意味です。

人の心理、感情が映し出される

人は、感情の生き物と言われます。

 

どれだけ崇高な人でも喜怒哀楽があるものです。

 

優しく接してもらえば、優しく返す。

 

穏やかに声をかけられれば、穏やかに返事をする。

 

訳もなく怒鳴られたら、怒鳴り返したくなる(笑)

 

それが人の心理です。

 

そういうことです。

 

あなたも、そう思いませんか?

 

誰かが自分に対して、敵対心で向かってくるとします。

 

その時は、相手のその態度を責める前に、まず自分を見つめ直してみることです。

 

自分はその人にどう接しているだろうか?

 

よく考えてみると、何か気づくことがあるかもしれません。

鏡の法則まとめ

人と人の感情が行きかう中で、波長がぶつかり合う場面があります。

 

特に初対面の場合は、お互いの波長によって優劣を見極めようとすると言われています。

 

初対面でなくても、職場の同僚などでも波長がぶつかり合う場合があります。

 

そういう場合には、まず自分の姿勢を見つめることが必要です。

 

キツイ波長を出しているとそれが相手に伝わるということです。

 

最後に引き寄せの法則の核心について

jinsei-hikiyose-siawase3

 

引き寄せの法則の核心について分かりやすく解説しましたので、引き寄せが半信半疑の場合はぜひ読んでみてください。

 

>>引き寄せの法則とは何か?

引き寄せの法則の手順書を出版

さらに、引き寄せの法則を深く理解した上で、その手順書を詳しくまとめて本を出版しました。

 

 

私の体験と11年の研究で完成した「禁断の成功法則」です。

 

アマゾンで絶賛発売中(1,000円)ですが、キャンペーンにて今だけ無料プレゼントを実施中です。

 

>>無料で受け取るにはこちらより