ザ・シークレットを実践するとどうなるのか?

 

本当に自分が欲しいものを引き寄せられるのか?

 

 そういう疑問を持ちながら、もしかすると「ザ・シークレットを実践しても何も変わらない」と思っているかもしれません。

 

ではなぜ多くの人がザ・シークレットを実践しても変わらないか、

 

  • 引き寄せられない人の特徴
  • 実践するうえで大事なこと

 

などを含めて詳しくお伝えしていきます。

 

ちなみに私はザ・シークレットを実践して人生を変えました。

 

その正しい実践方法が知りたい場合は、私が書いた書籍を読むのが手っ取り早いです。

 

現在、アマゾン発売記念として無料でプレゼントしていますので、良かったらダウンロードしてみてください。

 

>>私が書いた引き寄せの法則の手順書はこちら

そもそもザ・シークレットとは?

zasikuretto-kagi-jissen

 

おそらくあなたもザ・シークレットは知っているのではないでしょうか。

 

念のためおさらいします。

 

 ザ・シークレットは、要するに引き寄せの法則のことですね。

 

このザ・シークレットが注目される前は、日本では引き寄せの法則はそれほどメジャーではありませんでした。

 

このザ・シークレットが発売されて、一気に話題になったという感じでしょう。

 

ザ・シークレットはロンダ・バーンさんが書いたもので、書籍とDVDも制作されましたね。

 

日本では2007年に発売されました。

 

↓ザ・シークレットの書籍はこちら

 

↓ザ・シークレットDVDはこちら

 

ザ・シークレットのDVDは始まりの20分ぐらいが公開されています。

 

↓ザ・シークレットDVDの動画(音が出ますのでご注意ください)

ザ・シークレットの内容とポイント

ザ・シークレットで「創造のプロセス」として書かれている部分があります。

 

アラジンと魔法のランプを例に出し、主人公のアラジンがランプをこするとジニーが出てきて、願いをかなえてくれる物語です。

 

ジニーが引き寄せの法則そのものだと言っています。

 

そして、その物語のジニーが叶えるように、引き寄せの法則を実現させるためには、創造のプロセスが3つあります。

創造のプロセス

第一段階 お願いする

第二段階 信じる

第三段階 受け取る

ザ・シークレットの実践ポイント補足

ザ・シークレットでは、創造のプロセスとして3段階あると言っていますが、実はこれが誤解されやすい部分です。

 

3つにまとめるのは、話としては分かりやすいかもしれませんが、ちょっと言葉足らずなのです。

 

 お願いする → 信じる

 

ここまではすんなり解釈できます。

 

ポイントはその先です。

 

信じた後に、受け取るまでの一切のことが省略されています。

 

 実はここに行動があるのです。

 

信じたら後は行動です。

 

その結果として、受け取るのです。

 

これはザ・シークレットを実践する上で非常に大事ですので覚えておきましょう。

ザ・シークレットのビジョンボードは必要か?

hikiyose-vision-boad

 

ザ・シークレットに出てくるビジョンボード。

 

 自分が欲しい物の写真などをボードに貼って、いつも見える場所に置いておくもの。

 

これは視覚的に脳にうったえるために、あったほうが効果的です。

 

ただ、ビジョンボードにこだわり過ぎる必要はありません。

 

ノートを用意して、欲しい物など目標を文字で書くのも効果的です。

ザ・シークレットを実践した結果

koukaisinai-houhou1

 

私は、ザ・シークレットを実践して変わりました。

 

自分の目標を引き寄せることができました。

 

それは1つ2つではなく、たくさんです。

 

しかも、1度たくさん引き寄せて、それから挫折して、そのあとにまたザ・シークレットを実践して引き寄せました。

 

何度実践しても引き寄せることができました。

ザ・シークレットを実践しても引き寄せられない人の特徴とは?

hikiyose-umakuikanai-mainasu

 

残念なことですが、ザ・シークレットを実践しても引き寄せられない人がいます。

 

何が原因なのでしょうか?

 

それはズバリ、

 心から信じていないからです。

 

引き寄せられない人の特徴は、信じられないという点なのです。

 

 潜在意識が無条件でOKを出すぐらい確信を持つのが大事です。

 

これが実はなかなか難しいです。

 

言っていることはシンプルなんですよ。

 

ただ、気持ちの面がどうにも抵抗するわけです。

 

潜在意識は自分がコントロールしようと思っても慣れないと難しいです。

 

無意識の存在。

 

普段の顕在意識の領域とはまったく違いますからね。

 

「じゃあ、どうしたらいいの?」と思いますよね。

 

方法はあります。

 

潜在意識に少しずつジワジワと浸透させる。

 

自分が望む意識をすり込む方法。

 

それはアファメーションです。

ザ・シークレットを実践する上で大事なのは

afamesyon-jikokoutei

 

1つはアファメーションです。

 

ただ、それだけでいいというものではありません。

 

少し難しいと思うかもしれませんが、ポイントは限られますので慣れればいいだけです。

 

大事なポイントを整理します。

ザ・シークレット実践のポイント整理

  1. 感謝する
  2. 欲しいものを決める
  3. 信じる&確信するためにアファメーションする

 

これはザ・シークレットに書いている創造のプロセスとは少し違います。

 

ですが、説明不足のところをもれなく整理するとこうなります。

 

詳しい内容は書籍にまとめていますので、一度読んでみるとさらに理解が深まるでしょう。

 

今ちょうど無料プレゼント中ですので、チェックしてみてください。

 

>>私が心を込めて書いた書籍が今だけ無料です

 

>>引き寄せの法則とは何か?